手順

<真空管採血の場合>
1.氏名、検査内容と採血管、検体ラベルを指示書と照合する。[詳細][注意] 適切な採血管が用意されているか、採血管と検体ラベル、指示書を確認する。
[理由] 正確な検査結果を得る。
[理由] 患者誤認を予防する。
[注意] 特別な指示(食事や薬剤との関連、体位など)について確認する。
2.必要物品を準備する。[詳細][理由] 必要物品の不足で、処置が中断されないようにする。
[注意] 実施者および患者のラテックスアレルギーの可能性を考慮し、ラテックス以外の材質の使い捨て手袋や駆血帯を準備する。
3.手指衛生を行い、必要物品を持って訪室する。[詳細][理由] 微生物の伝播を予防する。
4.患者本人であることを確認する。施設の基準に従い複数の患者識別法を用いて行う。[詳細][理由] JCI(Joint Commission International)では国際基準として2種類の患者識別法を用いた確認方法を推奨している1)
5.医師から説明を受けているか確認し、採血を行うことへの同意を得る。[詳細][注意] 説明を受けていない場合は、医師に説明を依頼する。治療に対する患者の反応を観察し、教育の必要性を判断する。
[理由] 患者が不安になる。
6.リストバンドと検体ラベルを照合し、指差し・声出し確認をする。[詳細][理由] 患者誤認防止のため、リストバンドでフルネームを確認する。可能であれば患者に氏名を名乗ってもらう。
[注意] 採血の直前に患者と検体ラベルの照合を必ず行う2)
7.必要事項について患者に確認する。
 過敏症・アレルギーの有無(消毒薬、ラテックスなど)[詳細][注意] 消毒用アルコール綿は、アレルギーがある患者に対しては禁忌であり、適切なものを選ぶ。
 血管迷走神経反応の既往の有無[詳細][理由] 血管迷走神経反応など採血時に気分不快を生じた既往のある患者の場合、臥位での採血が安全である。
 採血を希望しない部位の確認
 食事摂取についての指示がある場合、厳守されているか[詳細][注意] 指示が守られていない場合、採血前に医師へ連絡し、指示を得る。
 凝固薬の服用や出血性疾患の既往の有無
8.穿刺しやすいように周囲の環境、衣服を整える。[詳細][注意] 袖をめくり上げる、照明をつけるなど、静脈穿刺部位が確認しやすい環境を整える。
9.手指衛生を行い、使い捨て手袋を装着する。[詳細][理由] 微生物の伝播を予防する。実施者の血液・体液への接触を予防する。
10.ディスポーザブルシーツを敷き、採血部位の静脈を選択する。[詳細][理由] シーツやリネンの汚染を予防する。
[注意] 静脈穿刺部位の近くに動脈がある可能性が高いことを常に意識しておく。なかでも、尺側皮静脈付近は、刺入角度が深いと、上腕動脈や正中神経を穿刺する恐れがある。
駆血帯装着前に目視、指で触れるなどして穿刺する血管を選択する(静脈がよく見えないときは、駆血帯を巻いてから選ぶ)。
 肘窩部の肘正中皮静脈、橈側皮静脈、尺側皮静脈の血管のうち、太さ、深さ、弾力性などの観点から採血に適した血管を選択する(図1)3)[詳細][注意] 両肘窩部に同等の血管がある場合は、神経損傷などの可能性を考えて利き手でない腕からの採血が好ましい3)。肘正中皮静脈は血管が太く、固定しやすいため採取しやすい。
[注意] 実施者は血管の走行と平行に穿刺できる姿勢をとることで失敗しにくくなる。
 以下の部位は避ける。
  血管の分岐部[詳細][注意] 分岐部位への穿刺は血腫を形成するリスクが高い6)
  血腫や感染のある部位、熱傷や重度のアトピー性皮膚炎などの皮膚の異常がある部位[詳細][理由] 皮膚の異常がある部位では、刺入部からの感染を起こしやすい。
  輸液、輸血をしている側[詳細][理由] 輸液、輸血をしている血管で採血をすると、採取した血液内にこれらの内容物が混入し正確な検査結果が得られない可能性がある。
  乳房切除側(リンパ節郭清後)[詳細][理由] リンパ節郭清後の上肢はリンパ浮腫や感染を起こしやすく、駆血や穿刺不可とされている。
  透析用シャント造設側[詳細][理由] シャント造設肢はシャントの寿命を縮めるため駆血が不可とされている。
  下肢の血管[詳細][理由] 血栓形成の可能性があるため、特に高齢者では避けるべきである3)
11.採血ホルダー(図2)に採血針を取り付ける。[詳細][注意] 採血針のゴムスリーブに実施者の手が触れないように注意する。
 採血針が付いている一体型のホルダーの場合もある。
12.必要物品を取りやすい位置に置く。[詳細][理由] 1人で実施する場合、穿刺した針から手を離さずにすむよう、手が届く位置に物品を準備しておく。
13.患者の体位を整える。[詳細][理由] 血管迷走神経反応など採血時に気分不快を生じた既往のある患者の場合、臥位での採血が安全である。
<座位の場合>
・採血部位が心臓より低い位置になるように患者の腕を置く。[詳細][理由] 心臓より低い位置に腕を置くことにより、血管の怒張促進の効果が期待できる。
[理由] 採血管に流入した血液の血管内への逆流を軽減する。
・肘枕などを使用して、肘は可能な限り屈曲しないようにする。[詳細][理由] 患者の腕が屈曲している状態で針を刺入した場合、針の角度が大きくなるため、深部組織を損傷させる可能性が高くなる。
<臥位の場合>
・安静が必要な患者や、血管迷走神経反応など採血時に気分不快を生じた既往のある患者の場合は、臥位で実施する。
14.駆血帯を採血部位よりも7~10cm程度中枢側に巻く。駆血時間は1分以内にする。[詳細] [理由] 駆血帯は1分以上巻いたままにすると、血液凝固が起こり血液が組織に浸潤し血腫が形成されることもある。血液濃縮で蛋白濃度が高値になり、血液細胞数値が本来の値より高くなることもあるため、駆血時間が1分以上にならないようにし、血管を選ぶのに時間を要する場合は、一時駆血帯を緩め、2分間程度経過してから巻き直す3,4)
[注意] 駆血帯を強く巻き過ぎると、末梢側に過度のうっ血や出血斑が生じる場合があるため、注意する。
15.患者に拇指を中にして握ってもらい、血管を怒張させる。[詳細][理由] 筋肉を収縮させ、末端静脈に流入してくる血液の量を増やして静脈を怒張させる。
[注意] 駆血帯を長時間巻く、きつく巻く、クレンチング(手を開いて再度強く握る)などを行ってしまうと、偽性カリウム高値になる可能性があるため、なるべく行わない。
 穿刺する血管が確認できない場合、以下のような手技を行う。
‐穿刺肢の末梢から中枢に向けて前腕をマッサージする。
‐肘正中皮静脈周囲を軽く指で数回たたく。
 上記の方法を行った後も、穿刺する血管が確認できない場合、駆血を解除し、穿刺部位周囲を温めた後、再度駆血を実施する。[詳細][理由] 温めることによって血流量が増し、静脈を怒張させることができる場合もある5)
16指で触れて穿刺する血管を決定する。[詳細][理由] 候補の血管の走行、弾力性、可動性、拍動の有無などについて再確認後、穿刺する血管を決定する。
[注意] 拍動のある血管は動脈のため避ける。
17.穿刺部位を消毒用アルコール綿で中心から外側に円を描くように消毒し、乾燥させる。[詳細][理由] 穿刺に伴う皮膚常在菌の血管内への侵入を抑える。
[理由] 中心から外に向かって消毒することで、消毒した部位を再度汚染させることがない。
[注意] アルコールに対するアレルギーがある患者に対しては禁忌であり、適切なものを選ぶ。
[注意] アルコール成分が検体に混入すると溶血を生じるため、完全に乾燥させる6)
[注意] 穿刺直前に実施者の指で穿刺部位に触れた場合は再度消毒を行う。
18.採血針のキャップを外し、採血針の切り口を上に向けてホルダーを利き手に持ち、穿刺部位より3~5cm末梢の皮膚を反対側の拇指で軽く手前に引っ張り皮膚を緊張させ、血管を固定する。[詳細][理由] 採血針の切断面を上に向けスムーズに挿入することで、疼痛を最小限に抑える。
[理由] 皮膚に適度な張りを持たせて採血針を刺入しやすくすると同時に、血管を固定する。
[注意] 皮膚を押さえている指に、採血針が接触しないように注意する。
 翼状針の場合、利き手で翼の部分をつまみ、針のキャップを外し、針の切り口を上に向けて持つ。
19.針は刺入したい静脈の少し手前から20度以下の角度で血管の走行に沿って刺入する。[詳細][理由] 深部の血管以外は20度以下の角度で穿刺が可能である。
[注意] 穿刺する前に「チクっとしますよ」などと伝える。
[注意] 角度が大き過ぎると、深部の神経を損傷する可能性や静脈を突き破る可能性が高まる。
20.血液が逆流してきたことで血管に入ったことを確認し、針を水平に2~3mm進め、固定する。[詳細][理由] 確実に血管内に針を進入させる。水平に進めることで血管壁を突き破らずに血管内に挿入されて安定する。
[注意] 血液の流入が確認できない製品もあるため注意する。
21.患者に痛みやしびれがないか確認する。[詳細][注意] 強い痛みやしびれが生じた場合、採血操作を中断する。神経誤穿刺の可能性があると判断したら、直ちに針を抜去し、医師へ報告する。
22.採血ホルダーをしっかり保持して採血管をまっすぐに差し込み、血液の流入を確認する。[詳細][注意] 採血管をまっすぐに差し込まなかった場合、採血管のゴム栓から血液が漏れやすくなる可能性がある。
[注意] 採血管内の血液や物質が患者の血管内へ逆流することを防止するため、採血管の底部が下向きになるように注意する。
<翼状針の場合>
・一般的に翼の部分を指で押さえて固定する。[詳細][注意] 採血管を採血ホルダーに差し込む操作を片手で行うため、必要に応じて、翼の部分をテープで固定する。
・凝固検査や赤沈の採血量の正確さが要求される採血管を1本目に採血する場合は、同一の採血管で1 ml程度採血する。[詳細][理由] 翼状針のチューブ内に残る血液量の関係で採血量が不正確になる可能性がある。
23.採血管への血液の流入が停止したのを確認後、採血ホルダーからまっすぐ採血管を抜去する。[詳細][理由] 血液の流出が停止する前に抜いてしまうと、必要血液量が採取できない可能性がある。
[注意] 血液の流入が停止した後も採血管を放置していると、採血後の血液が患者の血管内へ逆流する可能性がある。
[注意] 針の位置が動かないように採血ホルダーを確実に保持する。
24.採血ホルダーから外した採血管は、直ちに5回以上ゆっくり確実に転倒混和する。[詳細][注意] 採血管の転倒混和は採血管を採血ホルダーから外した直後に実施する。
[注意] 転倒混和は採血管の体部を把持し、泡立てないように緩やかに実施する。
25.連続して採血する場合は、順次、採血管に血液を採取する。[詳細][注意] 凝固検査用採血管と血清用採血管のどちらから先に採血をするべきかについては、確定的なエビデンスは得られていない。そのため、各施設で対応法を取り決めておくことがのぞましい。
26.最後の採血管を採血ホルダーから抜去し、手を緩めてもらい、駆血帯を外す。[詳細][注意] 採血管が採血ホルダーに差し込まれたまま駆血帯を外すと、圧力差により採血管から血管内へ血液の逆流が生じる可能性がある3)
27.穿刺部位に消毒用アルコール綿をあてて針を抜き、圧迫止血する。[詳細][理由] 静脈刺入部を圧迫することで、血液の漏出が抑えられる。
28.抜去後の針はリキャップせず、速やかに針と採血ホルダーは一体で針捨て容器に捨てる。[詳細][理由] 針と採血ホルダーは分離せず、そのまま一体で廃棄するのが原則である。
[注意] やむ得ず針を採血ホルダーから外す場合は、針刺し防止のため針刺し容器に安全な方法で廃棄する。
29.抜針部位に保護テープなどを貼布し、止血を確認できるまで5分間程度、圧迫止血するように説明する。自分で押さえられない患者の場合は、看護師が圧迫止血する。 [詳細][注意] 圧迫が不十分な場合、血液漏出や皮下出血、血腫の可能性があるため、5分間程度、しっかり圧迫止血する。血小板が減少している人や出血傾向がある人は、圧迫止血時間を延長する。
30.抜針部位の止血状態を確認し、使い捨て手袋を外し、手指衛生を行う。
31.採血後の患者の状態を確認し、寝衣、体位を整える。
32.使い捨て手袋を装着し、使用した物品を適切な方法で片付ける。[詳細][注意] 針刺しなど身体損傷の可能性があるため、使用済み物品やゴミなどが残っていないか確認する。
33.採血後の採血管の取り扱いは使い捨て手袋着用のまま、各施設の決められた方法で提出する。[詳細][理由] 微生物の伝播を予防する。
[注意] 検査項目によっては採血後、直ちに冷却する必要があるため注意する。
34.使い捨て手袋を外し、手指衛生を行う。[詳細][注意] 血液汚染があるため、片付けが終わるまで、手袋は外さない。
35.処置の内容をカルテに記録する。
<シリンジでの採血の場合>
1.~10.真空管採血の場合 の手順1~10参照
11.シリンジ(図2)に注射針または翼状針を接続する。
12.シリンジの内筒がスムーズに動くことを確認後、シリンジ内の空気を押し出す。
13.~18真空管採血の場合 の手順12~17参照
19.注射針のキャップを外し、注射針の切り口を上に向けてシリンジを利き手に持つ。[詳細][理由] 針の切断面を上に向けスムーズに挿入することで疼痛を最小限に抑える。
 翼状針の場合、針の切り口を上に向けて翼の部分を利き手に持つ。
20.穿刺部位より3~5cm末梢の皮膚を反対側の拇指で軽く手前に引っ張り皮膚を緊張させ、血管を固定する。[詳細][理由] 皮膚に適度な張りを持たせて針を刺入しやすくすると同時に、血管を固定する。
[注意] 皮膚を押さえている指に、針が接触しないように注意する。
21.深部の血管以外は20度以下の角度で血管の走行に沿って刺入する。[詳細][注意] 穿刺する前に「チクっとしますよ」などと伝える。
[理由] 深部の血管以外は20度以下の角度で穿刺が可能である。
[注意] 角度が大き過ぎると、深部の神経を損傷する可能性や静脈を突き破る可能性が高まる。
22.血液が逆流してきたことで血管に入ったことを確認し、針を水平に2~3mm進め、固定する。[詳細][理由] 確実に血管内に針を進入させる。水平に進めることで血管壁を突き破らずに血管内に挿入されて安定する。
23.患者に強い痛みやしびれがないか確認する。[詳細][注意] 強い痛みやしびれが生じた場合、採血操作を中断する。神経誤穿刺の可能性があると判断したら、直ちに針を抜去し、医師へ報告する。
24.針が動かないようにシリンジをしっかり固定し、内筒をゆっくり引き、必要量の血液を吸引する。[詳細][注意] 内筒を強く引き過ぎると、溶血してしまう。
 翼状針の場合、一般的に翼の部分を指で押さえて固定する。必要に応じて、翼の部分をテープで固定する。
25.必要量の血液を採取したら、手を緩めてもらい、駆血帯を外す。[詳細][注意] 駆血帯を巻いたまま針を抜去した場合、穿刺部から流血する。
26.穿刺部位に消毒用アルコール綿をあてて針を抜き、5分間程度、圧迫止血するように説明する。自分で押さえられない患者の場合は、看護師が圧迫止血する。[詳細][理由] 静脈刺入部を圧迫することで、血液の漏出が抑えられる。
[注意] 圧迫が不十分な場合、血液漏出や皮下出血、血腫の可能性があるため、5分間程度、しっかり圧迫止血する。血小板が減少している人や出血傾向がある人は、圧迫止血時間を延長する。
27.安定した試験管立てに立てた採血管に血液を分注する。分注の方法は以下の方法がある。[詳細][注意] 凝固することで正確な検査結果が得られない可能性があるため、最初に凝固検査の容器に注入し、2本目は血液検査用採血管に分注する。
[注意] 分注の方法については各施設で対応法を取り決めておくことがのぞましい。
 シリンジから針を外さず、採血管の採血管の栓に針を刺し、気泡ができないよう静かに血液を注入する。[詳細][理由] 血液の注入量が正確である。
[理由] 溶血することがあるためシリンジの内筒を押して注入せず6)、自然に血液の流入が止まるのを待つ。
[注意] 針を採血管の栓に刺すときと抜くときに針刺しの危険性がある。
[注意] 溶血が起きる可能性がある。
 シリンジから針を外さず、採血管の栓を外して血液を注入する。[詳細][注意] 注入時の針刺しの危険性がある。
[注意] 血液の注入量が不正確となる可能性がある。
[注意] 滅菌性が保持できない。
[注意] 溶血が起きる可能性がある。

 シリンジから針を外し、採血管の栓も外して血液を注入する。[詳細][注意] 血液の注入量が不正確となる可能性がある。
[注意] 滅菌性が保持できない。
[注意] 専用の針捨て容器が必要となる。

 シリンジから針を外し、専用の分注用器具を使用して採血管の栓に血液を注入する。[詳細][理由] 血液の注入量が正確である。
[理由] 滅菌性が保たれる。
[注意] 針刺し予防のための使い捨て分注用器具および専用の針捨て容器が必要となる。

28.抗凝固剤または凝固促進剤入りの採血管は、血液注入後5回以上ゆっくり確実に転倒混和する。 [詳細][理由] 慎重に針を抜くことで針刺しの危険が減少する。十分に混和させないと血液が凝固する場合がある。
29.採血管への分注方法により、廃棄方法が異なるが、針とシリンジは適切に廃棄する。[詳細][注意] 針はリキャップせず廃棄する。
30.~36.真空管採血の場合 の手順29~35参照

必要物品

  • 採血量に見合ったシリンジ
  • 注射針または翼状針 21G~23G6)
  • 肘枕
  • 駆血帯
  • 消毒用アルコール綿
  • ディスポーザブルシーツ
  • 使い捨て手袋
  • 保護テープ
  • 針捨て容器
  • 採血管
  • 採血管立て
  • 検体ラベル(シール)
  • 指示書

<真空管採血の場合>
  • 採血ホルダー
  • 採血針または翼状針 21~23G

[必要時]
  • 止血絆

最終更新日 2016/11/11
  • 図1 静脈採血に使われる主な血管

  • 図2 シリンジと採血ホルダー

最終更新日 2016/11/11